お客様に良質な商品を提供しています。
ユミナガ株式会社
電話でのお問合せ048-263-1608
HOME
会社概要
商品について
ニュースリリース
専用工場について
安全対策への取り組み
お問合せ
英語サイト
にんにく
           
2019/6/3
IFT 2019、ニューオーリンズに行ってまいりました!
7月2日から5日まで、ブース番号は759でお待ちしています。
今年も期待以上の展示をお届けします!どうぞお越しください。

2019/4/23
FOODEX 2019 今年も出展しました!
毎年世界各国からの出展が増えており、来場者も年々増えているようです。
弊社が出展したのは「ショートタイムクッキング」というセクション。
日ごろ、あまりお付き合いのない冷凍食品関係の方々とも親しくなりました。
今回は、最近話題になっている原料として「黒ニンニク」や「四川省産赤花山椒」などに、関心が高かったのが印象に残りました。
名刺交換させて頂いた企業様とは、今後商談を進めていく予定です。
また、弊社では今後の新しい取り組みとして北米市場への展開を考えております。スパイス類の販売だけではなく、米国からの輸入なども新たな取り組みとしてチャレンジします。
色々なナッツ類を栽培している農場の方、ソース類の製造工場の方とも親しくなりました。
今後の新しいビジネスが期待できそうです。
2018年3月6(火)~9日(金)の日程で開催されるFOODEX JAPAN 2018 に出展します。
弊社では初めての出展となります。是非弊社ブース(9D10)へお越し頂きますようお願い申し上げます。 今回、出展するにあたり設定したテーマは「菌数コントロール」です。
弊社独自の「特殊蒸気殺菌」に加え、生鮮原料の管理と処理により、ニンニク、唐辛子、オニオンなど、 すべてのAD原料を一般生菌数10、000以下にできます。
当然ですが、お客様のニーズに合わせた、コストと菌数のバランスもご提案できます。
農場から製造工場までの管理をわかりやすくご説明致しますので、是非ご来場ください。

2019/1/11 
WINTER FANCY FOOD SHOW 2019に出展しました!
過去数十年に渡り、アメリカ国内では放射線殺菌の危険性が危ぶまれています。
そのため、今回サンフランシスコで行われたWINTER FANCY FOOD SHOWでは、弊社のにんにくと玉ねぎの蒸気殺菌を紹介してまいりました。
強い関心を示してくださったお客様もおり、これからのビジネスチャンスに期待できそうです。

2018/11/12 
IFT CHICAGO CECTION 2018 無事終了
11月1日に開催されたIFT Chicago section 2018が無事終了しました。
夏に同じシカゴのMcCORMICK PLACEで開催されたIFTに比べると規模も小さい事から、来店されるお客様もアメリカ国内のメーカーさんが多かったです。
当社の殺菌技術Steam Sterilization(蒸気殺菌)には沢山のお客様より高い関心を頂く事が出来ました。
アメリカも健康志向の高まりと共に、ナチュラルで安全な原料ニーズが高まっている事を感じました。
今回は展示会終了後に開催されるSocial Hour(懇親会)にも参加しました。展示会で知り合ったお客様と軽食を取りながら談笑しコミュニケーションを取る事により親近感も沸きビジネスチャンスも広がったと思います。 これからの展開が非常に楽しみです。

2018/10/15 
IFT CHICAGO CECTION 2018 に出展決定
11月1日にアメリカ、シカゴで開催される「IFT Chicago section 2018」に出展します。
今夏、同じシカゴのMcCormick Placeで開催されたIFTイベントからの連続出展となります。
今回は場所を空港近くのDonald Stephens Convention Centerに移して1日だけの開催です。
当社が得意とする殺菌技術Steam Sterilization(蒸気殺菌)を多くのアメリカのお客様に紹介したいと思っております。
乞うご期待!

2017/07/21
IFT 2017inVEGASに行ってきました
6/26~/28にアメリカのLas Vegasで開催されたIFT2017に行ってきました。
本展示会は食品添加物・原料系ではアメリカ最大規模となっており世界中から1200社程の会社が出展しております。
今回、現地のスパイスメーカー、食品会社と商談を行う中で、近年アメリカの食に対する品質基準が非常に厳しくなっている事が解りました。
その為、日本規格で製造している当社の原料には多くの企業から関心を頂きました。食の安全・安心は万国共通のキーワードであり世界中で意識が高まっております。
この気運をチャンスと捉え、当社の安心・安全な原料を日本以外の国でも使って頂ける様、提案を行っていきたいと思います。

2016/09/28
メンマ産地に行ってきました
9月20日から25日まで中国広東省英徳市にあるメンマ産地に行ってきました。日本は秋雨前線の影響で雨が降り気温も下がっていた様ですが 亜熱帯エリアの広東省は蒸し暑く日中は30℃を超えていました。
メンマ産地では収穫はほぼ完了しており発酵、天日干し工程の真最中でした。
気になる新物相場は、中国国内需要の高まりにより昨年より高くなっているとの事です。

2016/07/25
米国では、農産物・スパイスなどの米国内での販売と、仕入れ両面での視察が目的です。
出展しているスパイス製造メーカーは、日本の大手が数社出展していましたが、あとはインドと中国以外見当たりませんでした。この両国の経済成長を肌で感じました。
米国のスパイス関係の会社は、すでにインド、中国、アフリカなどから仕入れており、これから食い込むには結構大変そうです。
ただ、弊社には菌数コントロールなど、安全性にかけては高い技術があり、この点をアピールすると、興味を見せてくれた会社が12社ほどありました。

2016/06/10
黒ニンニクの開発に着手しました
黒ニンニクは、健康食品として広く知られている食材ですが、弊社ではニンニクの新カテゴリーとして開発に着手しました。
基本的には、そのまま食べる食材ですが、弊社工場の開発部門では他の用途にも応用できる企画が挙がっており、 ちょうどニンニクの収穫時期にもなるため、サンプルづくりを行っているところです。

2016/01/10
ウインターファンシーフードショウ 2016へ出店
今回は中国・上海で行われました。インバウンドで知られるように中国で日本製品の人気が異常に高いようです。
弊社では、日本国内のお取引先様から、サンプルをいただき、日本製品をアピールしました。
わさび海苔、わさび塩、わさびタレなどです。
これらの製品は、中国の調味料などにはない独特な風味が売りです。肉、魚、野菜など、洋食として食べる習慣が 上海など大都市を中心に徐々に拡大していきています。そうした顧客が今回のターゲットです。

2015/10/08
RIP 2015へ出展
モスクワで行われた、ロシア最大級の食品総合見本市に出展しました。これまでと違って、来場者には英語が通じないため、 身振り手振りで、何とか乗り切りましたが、コミュニケーションが十分だったとは言えなかったことが残念です。
それでも、糸切り唐辛子には多くのバイヤーの方から興味を持っていただきました。
日本とは全く商習慣が違うため、これからの市場開拓は大変そうだなというのが今回の感想です。

2015/04/05
冷凍野菜の取り扱い拡大
弊社では、これまで香辛料をメーンに乾燥原料の製造にこだわってきました。ですが、冷凍野菜などのニーズもお客様から、お聞きします。 こうした声に対応するために、生姜を通じて20年来の付き合いのある冷凍加工工場との専属代理店契約を締結しました。 これまでも、この工場から輸入し販売はしてきましたが、専属代理店になることで、これまで以上に関係が密になることが期待できます。
日本国内のさまざまニーズにきめ細かく対応することが、より多くのお客様とのお付き合いが広がると考えています。

2014/02/03
ジャパンフードショウケースに出品
米国カリフォルニア・ロサンゼルスで行われた、JAPAN FOOD SHOWCASE @J’z Place in Torranceに、弊社の「輪切り唐辛子」、「糸切り唐辛子」出品されました。
これは、「和牛」がテーマの展示会でしたが、ジェトロさんのご厚意により、牛肉料理のトッピング として出品していただいたものです。
現地レストランのシェフの方々にも、そのユニークな形状から好評だったようです。

2014/01/10
ウインターファンシーフードショウ2014へ出展
今年はジェトロを通じて、海外の展示会へ積極的に出店していく計画です。
その第一弾が、米国サンフランシスコで行われたウインターファンシーフードショウ2014です。
出品したのは、国産わさび、輪切り唐辛子、糸切り唐辛子などです。
わさびは、「殺菌効果により、身体によい成分が含まれているのではないかと、欧米での研究が盛んになっている」 という来場者の声をききました。
輪切り唐辛子は、その形状が可愛いという、声が多く料理のトッピングとして使えるというシェフの声もありました。
糸切り唐辛子は、サフランと思ってみていた人が多く、唐辛子だと聞いて驚いていました。
やはり、見たことのない食材が多く、これからの市場として期待できるというのが出展して、得た手応えです。

2013/10/15
乾燥メンマの拡大
弊社では、これまでも乾燥メンマの加工を行ってきましたが、新年度はさらなる拡大を目指します。
拡大のポイントは、多様なサイズや形状に対応できることです。
弊社では、広東省から弊社工場に搬入した乾燥メンマの短冊をカット→選別→包装しています。
そのため、カット幅、長さ、形状などを、お客様のご希望に合せることができます。
現在では、長さなどサイズにこだわりのあるラーメン店様からのご注文にも対応しています。
今後も形状などを工夫し、新しい製品の開発にも着手していこうと考えています。

2011/02/15
ホームページをリニューアルしました。

2010/01/20
弊社原料に対する安全宣言
弊社の製造するニンニク製品をはじめとした各製品の安全性についてご説明申し上げます。
弊社では以前から、原料となる農産物につきましては、中国山東省聊城市の自社工場に隣接する広大な畑にて契約栽培をしております。栽培に必要な農薬、肥料などの使用はすべて弊社工場の担当責任者が契約農家に対し、日本の安全基準を満たすよう管理・監督をしています。
農薬は無償で支給しているため、契約農家が他の農薬を使うことはありません。
弊社の製品はこうして栽培した原料だけを乾燥・加工しています。加工工場では日本の食品衛生法に準拠した加工を行っています。100%自社工場ですので、社員に対する衛生管理の指導・教育をはじめ、製造ラインや設備の改善等も積極的に行っております。
製品を輸出する際にも、製品の検査体制(輸出前の残留農薬検査、菌数検査の実施)には万全を期しております。むろん日本国内でも同様の検査を行っています。
以上のことから、弊社の製品はまったく危険性は無く、安心してお使いいただけるものと確信しております。

2010/01/20
使用農薬の管理報告書アップしました。

2010/01/20
農水省が安全性を認定しました。

go top